最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • コラム
  • 銀行取引・資金現況その5【続・運転資金分析】~報告書の読み解き方-21~

2014.11.14

[企業審査人シリーズvol.59]

運転資金の話がまだ続いている。青山が横田に質問した。
 「でも、財務分析で算出される運転資金って、あくまで決算期末の状態ですよね。実際の資金繰りは違う、ということもあると思いますが、どれくらいアテになるんでしょうか?」
 「ご指摘のとおり、運転資金分析は決算書から生成しているので、期末時点の状態ということになります。企業の売上が毎月一定の業種なら、それが通常の状態と判断できますが、季節要因などで一時的に仕入や在庫が膨らみ、運転資金需要が増える業種もあります。いわゆる季節資金と言うやつですね。アパレル業者は夏物・冬物など扱う商材の偏りによって季節資金が必要になりますし、チョコレートを扱うお菓子メーカーとか、官公庁の年度末工事が多い工事業者とかも、季節要素が大きいですね。私が調査させていただいたケースで一番極端だったのは、五月人形の製造業者でしたね」
 「五月人形・・・そうか、究極の季節商売ですね」
「夏から冬に一年分の在庫を作って、2月から5月頃までに一気に売る商売ですからね。東京では浅草橋に人形店がたくさんありますが、こういう業者は埼玉に産地があって、販売シーズンだけ浅草橋に店を出す会社もあるので、シーズン外に調査が入ると連絡がとれなくて困る、なんてことがあります」
 「面白いと言っては何ですが、いろんな商売がありますね」と、青山は理解を深めたようだ。
 「そういえばこの前、運転資金需要がマイナスというのを見ましたけど、それはどう見ればいいですか?」
「余剰運転資金というやつですね。通常の営業循環で現金が余る状態にあることを示しているので、一般的には資金繰りが楽になります。売上債権や在庫が少ない業態、つまり八百屋さんとか飲食店といった業態ではそうなります。財務分析比率で言うと、こういう業種は流動比率も低くなります。こういう業種では、売上が増えても運転資金需要が膨らむことはありません。」
 「でも小売業や飲食店でも倒産はしますよね・・・?」と青山が聞いた。
 「小売業や飲食店は日銭商売と言われるように、常に手元に現金を持っています。ただ、店舗の家賃とか人件費を月々払う分も大きいので、売上が急に落ちたり、赤字経営が続いたりすると、そういう支払いができなくなって倒産します。そういう意味では、買掛も売掛もあまりないような業態では、運転資金分析自体があまり有益ではない、ということになりますね。どうですか、理解は進みました?」
 「ええ。応用してみますね。僕の場合は、12月に季節資金需要が高くなります。彼女の誕生日とクリスマスが重なるので、ボーナスで仕入資金は確保できますが、支出が大きくて大変です」
青山の突然の崩れた応用に、横田は驚いた顔をして言った。
 「青山さん、彼女いるんですね、若いっていいなあ」と真顔の横田に、青山はあっさり白状した。
 「いや、ちょっと見栄を張りました。去年の12月まではそうだったんですが・・・破綻しまして・・・」
 「ということは、仕入在庫は不良化してしまったとか・・・?」
 「いや、在庫は確かに渡しましたよ。この場合、何て言うんですかね・・・売上が立たないというか・・・」
 「無理な応用ですね、まあ精神的に焦げ付いたということですか」と、横田が楽しそうに笑った。

売上債権回転期間・棚卸資産回転期間が伸びるのは危険

前回に続いて運転資金の話です。倒産企業の財務内容を分析すると、必ずと言っていいほど「売上債権回転期間の長期化」や「棚卸資産回転期間の長期化」がその予兆として出てきます。これらが悪化すると、キャッシュフローの上では営業キャッシュフローがマイナスになりやすく、現預金の減少となって表れます。
 「黒字倒産」のメカニズムはこれと同じで、商売としては儲けが出るのですが、売上拡大期に在庫と売掛金が膨らんで運転資金需要が増え(=増加運転資金)、この手当ができなくて、あるいはやりくりを間違えて倒産するのです。いわゆる「勘定合って銭足らず」、です。
 売上債権回転期間や棚卸資産回転期間の長期化は、倒産企業の予兆としてだけでなく、粉飾された決算書でもよく見られる傾向です。売掛金や在庫の量をいじる粉飾が多いのです。

季節資金で運転資金需要は動く

運転資金需要は季節性を考慮して見る必要があります。横田が例えた、ひな人形や五月人形のメーカーの場合、夏から冬は1年分の材料仕入と製造に専念し売上はほとんどゼロ、春に一気に売って1年分の売上を稼ぐわけなので、材料仕入の時期が借入のピークとなります。銀行の借入枠は通常、資金需要がもっとも高い時期の借入水準に合わせて設定されます。
 季節性はなくても、不動産売買など案件の単価が大きい商売では、どこで決算を迎えるかによって決算書が大きく変わります。建売業者などの不動産売買業者は、プロジェクト毎に商品である不動産を担保に入れて資金を調達し、売れたら返済するという資金繰りをしている会社が多いものです。この循環で売れ残りが発生すると、返済原資が稼げず資金面の破綻を招きます。したがってこうした業者では、棚卸資産の中に塩漬けの売れ残り在庫がないかをチェックすることが重要です。販売用不動産をいつの間にか自社の固定資産にしているようなケースもあるので、要注意です。
 運転資金分析について2回にわたり取り上げましたが、「運転資金需要の増加」と「営業キャッシュフローの悪化」は財務における倒産の兆候として、必ずチェックすべきポイントです。見落とさないようにしましょう。

企業信用調査

取引先の“今”と“これから”を、しっかり見極める企業信用調査
https://www.tdb.co.jp/lineup/research/index.html

あらたに取引を始めるとき、既存取引を拡大するとき、同業他社を分析するとき、必要なのは正確な情報です。帝国データバンクはインターネットなどからは得られない、現地調査による情報と長年のノウハウを基にした情報分析力で、精度と鮮度の高い信用調査報告書を提供します。

ビジネスシーンにあわせた信用調査報告書の活用方法や調査報告書の読み方資料などをご覧いただけます。

調査報告書の読み解き方コラムシリーズ

役員・大株主と企業との関係を捉える<登記・役員・大株主>
従業員数・設備の内容から「ヒト」「モノ」の能力を測る<従業員・設備概要>
社長の経営経験・リーダーシップを判断<代表者>
企業の歴史は将来を占う指針<系列・沿革>
最大6期の業績から収益性をチェック<業績>
支払い・回収条件は?取引先との関係は?<取引先>
メインバンクとの関係は?資金調達力は?<取引銀行>
必要な資金を確保しているか?不良債権はないか?<資金現況>
企業の現在と将来像をつかむ<現況と見通し>
企業経営の健全性を把握<財務諸表>

関連コラム

BS・PLを組み合わせた運転資金分析・前編|財務会計のイロハのイ
「売上債権」と「棚卸資産」を用いて「運転資金分析」を行う方法について、よりわかりやすく説明しています。運転資金分析を行う際の注意点と計算式を合わせて確認し、理解を深めましょう。

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問268】企業と投資家といった異なる経済主体の間で保有する情報に格差があることを、何と呼ぶでしょうか?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP