最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2019.04.26

業種:総合不動産業
部署:ビル営業グループ

顧客関連データがAccess/Excelで管理されていて、「効率的なデータ分析ができず、データに基づいた営業施策が立案できない」や「情報の入力先が多数あり、二重業務が多数存在している」などのお悩み・経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、これらの課題は単純にSFA/CRMを導入だけでは解決しません。

弊社のクラウド型サービスである『DataDrive BasicCloud』とMicrosoft Dynamics365をシステム連携することで課題を解決し、安定したSFA/CRMの活用・運用を実現した事例となりますので、ご覧下さい。
<課題>
・営業担当者の顧客データの重複入力や誤入力により顧客管理データが整備されておらず、重複業務の発生やデータに基づいた営業施策の立案ができない状態だった

<効果>
・自動連携による入力負荷軽減、情報精度の向上
・正確な顧客属性情報が活用され、データ価値が向上

<課題解決サービス>
企業情報管理ツール DataDrive BasicCloudCOSMOSNET APIサービス

フォームへ入力していただくと、社名が掲載された資料のダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問226】企業会計原則において、売上高を計上する際に従うべきとされている主義はどれでしょう?

  • 講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP