最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2019.08.27

業種:住宅設備機器卸および同工事施工

審査部門の業務効率化の課題では、与信の見直し業務の効率化と、営業現場と審査部門の連携が挙げられることがあります。

本事例では、顧客情報を一元管理するために取引先管理ツールを導入し、取引先の全体管理の実現による与信管理業務の効率化だけでなく、営業パーソンの意識改革にもつながるという副次効果もありました。
資料イメージ
<課題>
・年1 回の与信格付け見直し業務を効率化したい
・営業パーソンへの与信意識を醸成したい

<効果>
・企業情報照会システムで要注意先をリスト化することで、見直しがスムーズとなった
・企業情報照会システムの営業ターゲットリストの出力機能を営業現場に展開することで、営業パーソンが与信情報を閲覧するようになり、与信意識が向上した

<課題解決サービス>
 ・企業情報データ運用サービス Datadrive
 ・企業概要データベース COSMOS2

フォームへ入力していただくと、社名が掲載された資料のダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問199】上場している有報提出企業のうち、IFRS適用済会社数(2019年8月末現在)として最も近い社数は次のうちどれでしょう?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP