最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • コラム
  • 【レポート】ウイングアークフォーラム2019

2020.01.28

~データとヒトが作る“次代” データとテクノロジーの関係性~

2019年11月22日(金)に開催されたウイングアークフォーラムにて、弊社取締役 データソリューション企画部長 後藤健夫が登壇しました。当日の内容を一部紹介します。

データを生かす「次代」の本格到来

TDBでは従来から大量の企業データを取得・保管してきましたが、さらなる分析等といった活用への期待から、「宝の山」とさえ表現されてきました。以前は、データの量や種類が多すぎて、人の手では実際に計算ができず悔しい思いをしてきましたが、コンピュータの発展と、分析技術の向上により、「宝の山」から「鉱脈」を探せるようになってきています。

TDB的データ活用の新しいアプローチ

企業エコシステム 上場企業を頂点とする取引構造をエコシステムとして捉えて、地域の中小企業への影響力を把握する。 (例:Win-Win型=WW型)
たとえば企業のエコシステムです。これは、特定の企業を頂点企業とし、その頂点企業の業績に一定程度の影響を受ける企業全体を言います。下請け先や協力会社の括りだけでなく、下請け先等と取引する運送会社やシステム会社など、頂点企業にとっては2次・3次下請けと認識していない企業であっても、実質的に影響を受けるという意味で、エコシステムの範囲となります。エコシステムの算出には、どの企業とどの企業の間に取引があるか、取引がある場合、年間の取引額はどの程度か、といった計算が必要となります。

企業概要データCOSMOS2では147万社、信用調査報告書 CCRでは180万社のデータが存在するなか、ひとつひとつの取引事実やその取引額を計算するのは非現実的であり、データをまとめるのも大変であることは、想像に難くないでしょう。

この企業エコシステムを活用すると、様々な分析ができます。例えばZOZOです。ZOZO自身は売上が増加している一方、エコシステムに属する企業の業績全体は低迷しています。これは、ZOZOがエコシステム内企業から搾取しているわけではなく、そもそもアパレル業界自体が下火の中、ZOZOはイノベーションを起こすことでひとり気を吐いていることを示しています。業界が厳しくても、イノベーションや戦略があれば、生き残っていけることを示した事例と言えるでしょう(日経ビジネス2018年10月1日号)。

事例:物流改善のニーズ・余地がある企業を効果的に探す方法を開発

事例:鈴与株式会社様 BIツールによるデータビジュアル化イメージ
分析の次は、これを利用したお客さまの経営課題解決です。その一例が鈴与です。TDBが保有するカネの流れのデータと、鈴与が保有するモノの流れのデータを統合すると、「物流ニーズがありそうな潜在顧客先」が炙り出されるのです。

また、単に「物流ニーズがありそう」だけではなく「現時点での物流状況の予想」が分析によって訪問前からわかっています。従来の営業では、各顧客と関係性を構築した後に、相手の物流をひとつひとつ確認していたことと比較すると、営業ターゲット先の選定だけでなく、ソリューション提案までの効率化にもつながっています。

データとテクノロジーが人の意思決定を支援する

データ活用における重要なポイント
この“次代”において重要なのは、、“データ”の存在と、それを解析し可視化する“テクノロジー”と、何より解析結果を活用して判断する“人”です。どれだけ解析技術があがったとしても、活用するのは人です。そもそも、解析するためには仮説が必要なのですが、この仮説を立てるのも人です。

たとえば、社内における営業部門と製造部門は、えてして衝突しやすいものです。しかし、これは自分達の業務範囲内しか見えておらず、また各部門の目標を達成するための時間軸も異なるためです。しかし、Motion Boardをはじめとする、クラウドBIツールがあり、そこに営業や製造も含めたすべての社内データが誰でもわかるように可視化されていたらどうでしょうか。

すると、企業全体の状況がわかるようになり、全体最適のためには何をすべきかが、全従業員がわかるようになります。このため、「ここの部分では営業部門が負担すべき」「ここは製造部門が負担すべき」などがわかり、部門間衝突が減少していきます。

言い換えますと、データとテクノロジーを人間が適切に活用するための要素としては、
・共通言語と共通基盤を作るという目標
・テータとテクノロジーを搭載したプラットフォームを使った共通言語の運用
が必要です。

共通言語化のためには、ある一時期のデータを切り取った静的なデータ(日次、月次、年次のような定点で集計されたデータ)では足りません。日々の活動を捉えた動的なデータを取得するか、静的なデータを繋げていき、グラフや動画などといった可視化を行うことが必要です。すると、過去の現実を写し取ったもうひとつの世界(パラレルワールド)がデジタル上で再現されます。これを誰もが見られ、体験でき、活用する。これが、データと人が作る“次代”なのです。

関連コンテンツ

日本企業の新事実
帝国データバンクが保有する企業データを分析して明らかになった、スタートアップ企業、老舗企業、経営者や企業エコシステム(頂点企業から取引によって構成される企業群)などを紹介

[動画でみる]鈴与株式会社様の事例<再生時間 4分16秒>
個別の企業の状況だけでなく、企業間のつながりを俯瞰して捉えることにより企業間取引構造の分析ができるようになった当社独自の考え方を活用した事例

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問211】TDBの全産業・全企業の統計(平成30年4月~平成31年3月)における、最も近い自己資本比率の平均値は以下のうちどれでしょう?

  • 講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP