最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • セミナー一覧
  • <ウェビナー>“今”金融機関が知っておくべきTDBデータ活用
令和2事務年度金融行政方針では特に地域金融機関において、自行庫顧客のビジネスモデルを把握し適切な提案を行うため、データの利活用や分析力の向上が求められています。

しかし、一口に「データ」と言っても、過去の取引データや保有する決算書データなど自行庫内にあるものから、外部から入手する企業情報など様々です。

帝国データバンクでは、収集・蓄積した企業データとお客さま保有のデータを組み合わせたデータ分析サービスやシステム上でのデータ活用の提案をしています。

今回のウェビナーでは、これまで帝国データバンクが行ってきた提案事例から、特に金融機関が“今”注目するべき「コロナ禍」「AML」「デジタライゼーション」という3つの観点から、データ利活用のヒントをご紹介します。

<紹介事例の一例>
・コロナ禍での『企業財務データベース COSMOS1』の活用
・『COSMOS商流データ』を活用したシステム上での商流の可視化
・AMLに対するグローバル企業情報データベース『Orbis』の活用

ぜひ皆さまこの機会にご参加ください。

セミナー概要

No 096_20210525W
日 時 2021年5月25日(火)14:00~15:00
エリア 場 所
本セミナーはWeb配信のウェビナーです
Zoomを使用して行います
定員数
500名
準備物 インターネットに接続したパソコン、もしくはスマートフォン・タブレット端末 受講料 無料

対象受講者(このセミナーを受講していただきたい方)

・国内企業データの利活用をご検討されている金融機関の方

担当講師

三本木 亮太

株式会社帝国データバンク 営業推進部営業開発課

セミナーカリキュラム

内容 1.データ活用が求められる背景(金融行政方針のまとめ)
2.TDBの金融機関における営業活動・データ活用支援の紹介
3.他行庫取組事例紹介
  ※内容は変更になる場合があります

お問い合わせ

セミナーNo 096_20210525W
セミナー名称 <ウェビナー>“今”金融機関が知っておくべきTDBデータ活用
問合せ先部署 帝国データバンク TDBセミナー事務局 担当者名 矢野・福田
TEL お問い合わせは、メールにてお願いします メール tdb-college@mail.tdb.co.jp

TDBカレッジからのコメント

『よくあるお問い合わせ』
 Q1. ウェビナーの資料はもらえますか
 A1. 本ウェビナーの投影資料はお渡しの予定はございません。
    ウェビナー参加後のアンケートにご協力いただいた方に、
    関連資料を電子データにてご提供します

 Q2. 参加案内のメールが届かないんですが・・
 A2. お申込み後、3日経過しても参加案内のメールが届かない場合は、対象のウェビナーを明記のうえ、
    上記メールアドレスにご連絡ください
 
 Q3. 申込にフリーメールアドレスや携帯メールアドレスは使えますか
 A3. 会社のメールアドレスでのお申込みをお願いしています。
    また、共有のメールアドレスで複数回お申込みされても「1名」と見なされますので、
    参加者お一人につきひとつのメールアドレスにてお申込みください

 ※メールアドレスの誤入力が増えております。お間違いないようにお願いいたします
セミナーのお申込み

TDBカレッジ知識度チェック

【問238】新たな「収益認識基準」の適用対象となる会社は、原則として次のうちどの範囲でしょう?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP