既にメンバーの方
ログイン
まだ登録されていない方
新規登録(無料)

172:大虎青山、口で身を食む ~直接・間接貿易~

2018.11.01

審査課の青山は、少々グロッキーな顔で始業の準備をしていた。前日参加した若手懇親会で深酒をしたからだ。普段はマジメな青山には珍しく、昨晩の記憶が途中からなくなっている。
昨晩交換した名刺を整理していると、「青山、大丈夫か?」と頭へチョップをしてきた人物がいる。昨晩一緒に懇親会に出ていた同期で経理課の阿佐見だ。
「昨日の若手懇親会、楽しかったな!あらら、青山もずいぶん名刺交換したんだね」
机の上に散らばった名刺を見ながら阿佐見が言ったが、青山は何人と名刺を交換したか覚えていない。
「あっ、女性のもある!なんだぁ。青山もそういう場ではグイグイ行けるんだな!」
「七瀬なぎさ」と書かれた名刺を阿佐見がつまみあげ、ゆらゆらさせた。二日酔いで頭の中に霞がかかった青山だが、その人だけは鮮明に覚えていた。ユニバーサル貿易の元気な女性だ。ちょうどそのとき、パソコンに画面にメール通知のポップアップが出てきた。開くと、七瀬からのメールである。阿佐見が覗き込んだ。
「名刺の人じゃないか!ウッドワーク青山様。平素より大変お世話になっております。昨日は私が至らないばかりにご迷惑をおかけ致しました、うんぬんかんぬん。妙にかしこまっているけど、お詫びのメールか?」
「おいおい、勝手に読むなよ。でもまあ、なんだ、お詫びされるようなことされた記憶がないな」
「そりゃまずいな。あれ?今日の12時にうちのロビーに来る、と書いてあるぞ」
「えっ、うちに来るの?どこかの部署で絡んでいるのかな。阿佐見は来るなよ!」

青山が待ち合わせの5分前にロビーへ行くと、先に到着していた七瀬が笑いながら手を振ってきた。
「あっ、青山くん!こんにちは!昨日大変なことになっていたけど、大丈夫だった?」
「もう、とんでもなかったですよ。記憶ないですもん!」と、ややおぼつかない感じで青山が答えた。
「えっ!ありえな~い!やっぱり飲みすぎだったのね。じゃあ、記憶もない青山くんに見せてもダメかなあ」
そう言って七瀬のバッグから取りだされた書類を受け取った青山の頭上には「?」が見える。
「これが船積書類のひとつ、船荷証券だよ!サンプルだけどね」
「思い出した!そんな話をしましたね。へえ、これですか。英語だ!でも、なぜ持ってきてくれたんですか?」
「あー、やっぱり覚えていないのかあ。懇親会の終盤、青山くんが泣きながら『僕に実務を教えてくだしゃあい』って言ってたでしょ?だから、明日教えに行くって約束で、話をつけたの」
穴があったら入りたいとはこういうことで、何も覚えてない青山はその場で固まった。
「覚えてない?約束は約束だし、今日この近くまで来る予定があったから、寄ってみたんだけど」
昼休みでロビーは人の往来が激しく、青山は近くにあった来客用のソファへ七瀬を案内した。
「船荷証券というのは船積書類の一種で、船会社が船積地点で貨物を受け取ったことと、指定の目的地までの運送及びその荷揚げ港で貨物受取人に貨物を引き渡すことを約束した有価証券のことです」
ソファに座るなり、七瀬が早々にレクチャーを始めた。話し方がレクチャー・モードに切り替わって、ついさっき「ありえな~い」と言っていた人とは思えない。
「貨物の引渡証ってことですか。それにしても、これって有価証券なんですね」
「そうですよ。だから貨物相当額の現金と同様の価値があると言ってもいいんです。流通性があるのがポイントです。輸出者が振り出した荷為替手形を銀行が買い取るのは、手形に添付されたこの船荷証券が担保として意味を持っているからなんです」
「流通性と担保?」と、青山がキレのない質問をぶつけた。夕方になっても霞が晴れないようだ。
「船荷証券は手形と共に銀行を経由して最後は輸入者へ行きますが、保有者が替わる度に貨物引渡請求権も移転しないと、最悪の場合はその商品を換金できなくなります。それじゃあ担保として意味がないですよね。このように船荷証券に所有者を次々に変えられる流通性があるからこそ、担保として銀行が買い取りに応じられるわけなんです」
青山がほぉ、と感心していると、七瀬は「そろそろ回収しま~す」とサンプルをとりあげ、バッグにしまった。
「ところで、七瀬さんは普段からこういう書類を扱っているわけですよね。同じ商社でも僕の審査業務は貿易とあまり縁がないのですが、一般企業の貿易と商社を介した貿易って違うものなのですか?」
「それを話すなら、貿易に関する商社の役割を知っていないといけません。商社は海外のあちこちに拠点があるため、外国の商品知識、市場調査、流通事情に精通しています。そうすると例えば、輸入だったら輸入品の品質や納期、価格に有利に交渉できることが多いんです。トラブルが発生した場合にも、ノウハウの蓄積によって解決に向けた手続きをスムーズに行えます」
「中抜きなんて言いますけど、そう聞くと、改めて商社の力ってすごいですね」
「一長一短の部分もあります。一般企業が商社等を介する間接貿易に対して、自分自身で海外と取引する直接貿易なら商社に払う手数料はかかりませんし、自由度が高いので取引の幅も広がります」
青山がフムフムとうなずくと、七瀬のレクチャー・モードが切れたようだ。
「じゃあ、同業者としてこれからもがんばっていこうね!用事があるので、これで失礼します!」
立ち上がる七瀬を見ながら、青山はずっと感じていた違和感を口に出した。
「あの…今日七瀬さんがちょこちょこフレンドリーな言葉になる理由は、やはり昨日が原因なんでしょうか?」
「あっ、わかってくれた?昨日の青山くんとっても変で面白かったの。『俺と七瀬は初対面だが心の友だよな!』って言い始めるんだもん!これからも情報交換よろしくお願いしますね!」
青山は顔を真っ赤にしながら、記憶にない自らの行状を詫び、それを見て七瀬は楽しそうに笑った。

船荷証券の性質

船積書類の一種で、船会社が輸出港で貨物を受け取ったことを示す「受取証」であると同時に、輸入港で貨物を受け取るための「引換証」にもなっています。また貨物の引渡請求権を化体した「有価証券」としての側面もあり、流通性を持った「流通証券」と言えます。

直接貿易と間接貿易

貿易取引の形態には、製造業や卸小売業が自分で直接外国と取引をする「直接貿易」と、商社等を経由して取引をする「間接貿易」に分類できます。直接貿易は取引相手と直接交渉ができるため、商社等を利用するときに発生する手数料を省くことができます。反面、品質や納期についてのリスクを直接負担しなければなりません。また大ロットでの取引ができないので価格引き下げが難しく、各種費用も割高になります。間接貿易は、商社等との国内取引を通じて直接貿易のデメリットを軽減でき、七瀬の発言にあったように商談を効果的に進めることも可能です。TDBの信用調査報告書では貿易取引の有無の他、直接貿易・間接貿易のいずれがあるのかも掲載しています。どのような商流を持っているのかは、取引相手を知る上で重要な着眼点です。与信管理においても貿易の形態にまで踏み込み、能力や特色、リスクの所在を把握しましょう。

与信管理

もっと見る(バックナンバー)

営業強化

もっと見る(バックナンバー)

経営支援

もっと見る(バックナンバー)

地域振興

もっと見る(バックナンバー)

今回の質問

【問178】次の4つの取引のうち、資産と負債が共に増加する取引はどれでしょうか?

※お一人様1 回限りです

セミナー講師のご紹介
注目されている“ジャンル”
メンバーVoice
PAGE TOP