既にメンバーの方
ログイン
まだ登録されていない方
新規登録(無料)
  • TOP
  • TDBカレッジ利用規約

株式会社帝国データバンク(以下「TDB」といいます。)は、TDBが運営するウェブサイト「TDBカレッジ」において提供するサービス(以下「TDBカレッジ」といいます。)の提供と利用に関して、以下のとおりTDBカレッジ利用規約(以下「本規約」といいます。)を定めます。
TDBカレッジを利用するユーザーは、本規約のすべての記載事項について同意したものとみなします。

第1条(本規約の適用)

  1. TDBは本規約に基づきTDBカレッジを提供し、ユーザーは本規約に従ってTDBカレッジを利用するものとします。
  2. TDBは本規約以外に、TDBカレッジの利用条件について、ホームページへの掲載またはTDBカレッジのオンライン上での表示(以下併せて「オンライン表示」といいます。)その他TDBが適当と認める方法により定めることができるものとし、ユーザーは本規約と併せて当該利用条件を遵守するものとします。
  3. TDBカレッジの各コンテンツについて、別途利用規約その他利用条件の定め(以下「個別規約」といいます。)がある場合、ユーザーは当該個別規約も遵守するものとします。
  4. 本規約と個別規約の内容が異なる場合には、個別規約の規定が本規約の規定に優先して適用されるものとします。
  5. TDBはユーザーの了解を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合に、TDBカレッジの利用条件は、変更後の最新の本規約によるものとします。変更後の本規約は、TDBが別途定める場合を除き、オンライン表示した時点より、効力を生じるものとします。

第2条(用語の定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語は当該各号に定める意味で用いるものとします。

  1. ユーザー
    TDBカレッジを利用する個人
  2. カレッジメンバー
    第5条に規定するカレッジメンバー登録を行ったユーザー

第3条(免責条項)

  1. TDBは、ユーザーに事前の通知なくして、TDBカレッジのサービス内容を変更または終了することがあります。
  2. TDBは、TDBカレッジにおいて、正確な情報を提供するように可能な範囲で努力しますが、正確性、完全性または特定目的への適合性を保証するものではありません。また第三者の権利の非侵害性について如何なる保証も行ないません。
  3. TDBカレッジに掲載されている情報は、掲載した時点での情報です。掲載した時点以降に掲載している情報を予告なしに追加・変更・削除される場合があります。
  4. TDBは、次の事由によりユーザーまたは第三者に生じた損害等について、一切の責任を負いません。
    • (1)火災、停電、天災、戦争、暴動などの不可抗力。
    • (2)通信ネットワークまたはユーザーが契約するインターネットサービスプロバイダのサービス停止などTDBの合理的な管理を超える原因および運用。
    • (3)保守上あるいは技術上等の理由により発生する、コンテンツの変更、中止、停止もしくは一時停止または提供の遅滞。
    • (4)ディスプレイ上の表示またはプリンタによる印字または記憶装置への保存の不具合。
    • (5)ユーザーの端末機器およびその他のソフトウェアに与えた何らかの影響。

第4条(知的財産権)

ユーザーは、TDBカレッジに掲載する一切のコンテンツについての著作権、ノウハウその他知的財産権等全ての権利が、TDBまたはTDBにコンテンツを提供している提携先に留保されていることを承認するものとします。

第5条(カレッジメンバー登録)

  1. ユーザーはカレッジメンバー登録を行なうことによって、TDBカレッジのマイページを利用することができます。
  2. ユーザーが、①暴力団、②暴力団員、③暴力団関係企業、④暴力団準構成員、⑤総会屋等、社会運動・政治運動等標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等、⑥上記①~⑤に掲げる者と社会的に非難されるべき 関係を有していると認められる者、または⑦その他上記①~⑥に準ずる者(以下「反社会的勢力等」といいます。)のいずれかに該当する場合、またはTDBがカレッジメンバー登録が不適当と判断した場合には、TDBはカレッジメンバー登録を拒否することができるものとし、登録後であっても、カレッジメンバーが上記に該当することが判明したときは、当該カレッジメンバーのカレッジメンバー登録を抹消することができるものとします。

第6条(ID およびパスワード)

  1. カレッジメンバーは、ID(登録のメールアドレス)およびパスワードを第三者に使用されないよう、自らの責任において厳重に管理しなければなりません。IDを使用してTDBカレッジ上でなされた一切の行為は、本人が行ったか否かを問わず、カレッジメンバーがその責任を負います。

第7条(変更の届出)

  1. カレッジメンバーは、TDBへの登録事項に変更が生じた場合は、TDB所定の方法により、TDBに対し、速やかに変更内容を届け出るものとします。
  2. 前項の届出を行わなかったことにより、カレッジメンバーが不利益を被ったとしても、TDBは、一切その責任を負いません。

第8条(個人情報の取扱等)

  1. TDBはTDBカレッジ のサービス提供を行うために、ユーザーから提供された個人情報を別途定める「個人情報の取り扱いについて」に基づき適切に取り扱うものとします。
  2. TDBは、TDBカレッジの利用に際し、ユーザーの利用するコンピュータにCookie と呼ばれる情報を送信する場合があります。ユーザーはブラウザの設定によりCookie を拒否することができますが、その場合、TDBカレッジのサービスが利用できないことがあります。

第9条(管轄裁判所)

TDBカレッジの利用に関する争訟における第一審の専属的管轄裁判所は東京地方裁判所とします。

2013年10月2日制定

セミナー規約

TDBカレッジにおいてセミナーの申し込みを行うカレッジメンバーは、その所属する法人(以下「所属法人」といいます)に代わって本規約のすべての記載事項について同意するものとします。

第1条(TDBが開催するセミナーの申込み)

  1. カレッジメンバーは、所属法人の登録を行うことを条件として、TDBカレッジで提供されるセミナーに申し込むことができ、申込受付のメールがTDBからカレッジメンバーが登録したメールアドレス宛に送信されることにより、TDBと所属法人との間でセミナーに関する契約(以下「セミナー契約」といいます)が成立するものとします。
    ただし、セミナーには、当該申込を行ったカレッジメンバーのみが参加できるものとします。
  2. セミナー契約が成立したときは、カレッジメンバーがセミナーに参加しなかった場合であっても、TDBはセミナーの受講料を所属法人から申し受けます。
  3. セミナー契約が成立した後であっても、TDBは、TDBの都合により、カレッジメンバーに任意の方法によって通知することにより、セミナー契約を任意に解除できるものとします。
    この場合、TDBはカレッジメンバーおよび所属法人に対して一切の責任を負いません。

第2条(第三者の開催するセミナーの申込)

  1. TDBカレッジにおいては、セミナーの募集情報に明記した上で、第三者が開催するセミナー(以下「第三者セミナー」といいます。)およびTDBと第三者が共同で開催するセミナー(以下「共催セミナー」といいます。)の参加者を募集し参加申込を受付けることがあります。この場合にカレッジメンバーは、所属法人の登録を行うことを条件として、当該セミナーに申し込むことができ、申込受付のメー ルがTDBからカレッジメンバーが登録したメールアドレス宛に送信されることにより、セミナー契約が成立するものとします。
    ただし、セミナーには、当該申込を行ったカレッジメンバーのみが参加できるものとします。
  2. セミナー参加者の個人情報は、TDBが別途定めるTDBカレッジ利用規約第8条第1項の定めにかかわらず、第三者セミナーは当該セミナーを主催する第三者に、共催セミナーはTDBと共同開催する第三者に提供します。

第3条(セミナー資料等の利用範囲)

  1. カレッジメンバーおよび所属法人は、カレッジメンバーがマイページより取得した参加セミナーの資料およびTDBがマイページを介してカレッジメンバーへ開示した資料(以下併せて「セミナー資料等」といいます)を所属法人の内部利用の限度において以下の方法により使用することができます。
    ただし、使用方法に関してセミナー資料等に別段の表示がある場合は、その表示が優先するものとします。
    • (1)編集・加工
    • (2)複製
    • (3)自動公衆送信(オンライン利用。ただし、外部ネットワークからのアクセスが制限され、所属法人の従業者のみ利用可能なネットワーク上での利用に限ります)
  2. カレッジメンバーおよび所属法人は、前項の規定により編集・加工・複製されたセミナー資料等の派生物(以下「加工物」といいます)について、著作権、ノウハウその他一切の知的財産権等全ての権利がTDBまたはTDBにセミナー資料等を提供している提携先に留保されていることを承認するものとします。
  3. カレッジメンバーおよび所属法人は、セミナー資料等(加工物を含みます)について、その全部であると一部であるとを問わず、次に掲げる行為をしてはなりません。
    • (1)第三者(子会社、関連会社も第三者に含まれます。以下本項において同様とします)に開示、漏洩し、または使用させること。
    • (2)第三者に提供(有償、無償を問いません)する商品、サービスのために使用すること。
    • (3)公序良俗に反する目的のために使用すること。
    • (4)TDBから入手したものであることを第三者に開示すること。

第4条(違反時の責任)

カレッジメンバーまたは所属法人が本規約に違反したことによりTDBに損害が生じた場合、カレッジメンバーおよび所属法人は連帯してかかる損害につき賠償する責任を負うものとします。

2013年10月2日制定
2014年2月21日改定

今回の質問

【問152】税効果会計における「一時差異」に含まれないのは、下記のうちどれでしょうか?

※お一人様1 回限りです

セミナー講師のご紹介
注目されている“ジャンル”

今こそ営業力強化!

厳しい経営環境下でも工夫して業績を上げている会社はあります。営業力強化の秘訣お教えします。

中小企業の決算書

中小企業の決算書は、大企業とは違う観点で分析する必要があります。
その特徴とは?
メンバーVoice
PAGE TOP