最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2019.01.22

EBM(イベント・ベースド・マーケティング)とは、顧客の属性や行動履歴からイベントを察知して、最適なタイミングで最適なサービスを案内するマーケティング手法です。

企業はライフステージによって様々なイベントが発生します。そのイベントという事実を捉えることで、属性情報とは別の視点で顧客アプローチのきっかけを作ることが可能となります。

例えば、企業が商号を変更するというイベントが発生した際には、「会社として大きな判断をくだそうとしている」と仮説をたて、そのタイミングでしかできない提案が可能となります。

ちなみにTDBが保有するデータベースでは、商号変更は1時間に1社以上のペースで発生しています。イベントの数だけ、ビジネスのチャンスがあるのではないでしょうか。

EBMのヒントを資料にまとめましたので、是非ご覧ください
資料イメージ
-目次-
1.はじめに
2.EBM(Event Based Marketing)とは
3.法人EBMへの取り組み事例
4.TDBデータでみるEBM
5.まとめ

詳しく知りたいなどのお問い合わせはこちら

フォームへ入力していただくと、資料ダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問274】国際決済銀行(BIS)基準における「ゾンビ企業」の定義について、正しいのは以下のうちどれでしょう?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP