最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2019.01.22

国内市場が飽和状態の中、海外に市場機会を求める日本企業が増加しています。一方で取引の範囲が拡大すると、それだけ色々なリスクも発生します。
国によって異なる法律や規制などを把握しておかなければ、知らないうちに法に触れてしまう事態に陥る可能性もあります。

上場企業の場合、海外子会社が問題を起こすと、管理責任は親会社が負うことになり、経営にダメージを与える事象も発生しています。
押さえておくべき法律・規制や顧客確認のプロセスなどを資料にまとめましたのでご覧ください。
資料イメージ
-目次-
1.日本企業を取り巻く環境
2.海外企業情報収集の現状
3.海外企業との取引における課題
4.海外ビジネスをするうえでのコンプライアンス対策

フォームへ入力していただくと、資料ダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問201】次の4つの特別利益の計上事例において、不適切な会計処理はどれでしょうか?

  • 講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP