最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2019.01.22

人手不足が続くなか、働き方改革への取り組みは人材の採用や定着、育成とともに、投資やイノベーションなどによる生産性向上に向けて、ますます重要性が増しています。

与信管理においても、生産性向上に向けて様々な検討をされている企業も多いかと思います。決裁条件、信用評価、与信限度額などにより承認ルートが複雑となる与信管理ですが、ワークフローシステムで運用することでペーパーレス化に留まらず、様々なメリットがあります。

帝国データバンクが2018年9月に実施した「働き方改革に対する企業の意識調査」によると、「業務の合理化や効率化のためのIT・機器・システムの導入」を行っていると回答した企業は半数近い49.2%という結果でした。

世の中全体がIT投資による生産性向上を目指す中、与信管理においてワークフローシステムを導入することで、どのような点が改善できるかについてまとめました。
資料イメージ
-目次-
1.取引申請における業務の流れ
2.ワークフローシステムによる生産性向上
3.与信管理ワークフロー導入で実現できること

フォームへ入力していただくと、資料ダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問197】次の分析指標の中で、一般的に数値が高い方が望ましいものはいくつあるでしょうか?      棚卸資産回転率 / インタレスト・カバレッジ・レシオ / 固定比率 / 売上債権回転期間

  • 講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP