最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2019.01.22

弊社が行ったアンケートによると、営業活動の前提となるマーケティング用顧客データベースの課題トップ5は「陳腐化」「重複」「管理ルール不統一」「登録ルール不統一」「システム連携」です。
社内で蓄積している顧客情報を有効に活用したいものの、課題が多いのが現実ではないでしょうか。

そこで、顧客データ整備の考え方やAPI連携を利用した正しく効率的に整備する方法をホワイトペーパーにまとめました。

マーケティング施策を効率的・効果的に実施するためには、上述した顧客データベースの課題を解消することが重要です。ホワイトペーパーでは「ストック」してデータ整備する方法と「フロー」上で整備する方法それぞれのメリット・デメリットも記載しています。
資料イメージ
-目次-
1.顧客データ整備における課題
2.データ整備とは
3.データ流入経路に応じた整備
4.APPENDIX

フォームへ入力していただくと、資料ダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問203】倒産件数と比べて、休廃業・解散件数(2018年1~12月)は次のうちどの程度でしょう?

  • 講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP