最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2019.04.26

業種:自治体・民間企業向けICTシステムの設計・開発・運用・保守
部署:財務部

企業の信用度を含めた属性情報が収録されている「企業概要データベースCOSMOS2」と、それらデータベースおよび自社情報をクラウド上で管理するツール「企業情報データ運用サービスDataDrive BasicCloud」を活用し、効率的な債権管理と顧客情報の共有を実現しています。

「基準を設けたことで判断が早くなった」
「部門間のコミュニケーションがとりやすくなった」
などの声をいただいています。
実際の活用や仕組みについてお話しを伺いました。
資料イメージ
<課題>
・客観的なリスク度合いの指標がない
・貸倒発生時の損失対応策がない
・企業情報の共有・更新手段がない

<効果>
・社内格付・与信限度額を設定し、高リスク企業の取引抑制や
 優良企業への取引拡大を促進した
・高リスク企業への対応フローを整備できた
・「取引先データ」「格付」「与信限度額」の一元管理、確認が
 随時できるようになった

<課題解決サービス>
企業概要データベースCOSMOS2DataDrive BasicCloud

フォームへ入力していただくと、社名が掲載された資料のダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問195】2019年4月にTDBが発表した「人手不足に対する企業の動向調査」において、最も正社員が不足していると回答した業種(10分類)は次のうちどれでしょう?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP