最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2019.04.26

業種:ガラス容器製造業
部署:営業戦略部・業務推進部

以前は、債権回収に関わる営業・経理部門間での情報共有ができておらず、営業部門は債権回収業務より販売活動に注力しがちとなり、経理部門は債権回収状況のみの確認に終始していたなど、与信管理の仕組みが整備されていませんでした。

社内ネットワーク上に作成した得意先データベースに債権残高、倒産予測値など情報を整理し、営業・経理両部門で得意先情報を共有できるようにしたことで、営業・経理両部門の情報共有が容易となりました。また、営業部門と経理部門のコミュニケーションが増えたことも成果の一つと伺いました。
<課題>
・客観的な情報に基づいた債権管理ができていない
・部門間での債権情報の整理・共有ができていない

<効果>
・社内外の情報を基に債権管理業務をフロー化できた
・債権管理への意識が高まり、部門間のコミュニケーションがとりやすい環境が作れた

<課題解決サービス>
倒産予測値企業定点観測サービスSAFETY取引先管理ツール

フォームへ入力していただくと、社名が掲載された資料のダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問195】2019年4月にTDBが発表した「人手不足に対する企業の動向調査」において、最も正社員が不足していると回答した業種(10分類)は次のうちどれでしょう?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP