最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2019.08.05

帝国データバンクが2019年6月に実施した「第3回与信管理アンケート」の結果を全50ページにまとめたものです。3,000人以上の方に回答いただいた与信管理の動向に関する最新の調査結果です。

「3分の2以上の回答者が今後1年以内の倒産は増加すると思う」や「AI、RPAの活用は1%に満たないが6割以上の人が興味をもっている」といった結果をはじめとして、回答企業の取引先数別ごとに、“与信管理規定運用状況”、“取引申請書で重視する項目”、“格付けの運用”、“既存取引先の見直し”、“与信管理運用に満足している企業の取り組み”などを掲載しています。

取引先数によって抱える課題や運用状況に差がありますので、
資料をご覧いただき、自社の与信管理を進化させるヒントとしてください。
資料イメージ
-目次- (全50ページ)
1.はじめに
2.貸し倒れリスク
3.与信管理規定
4.取引先データ管理
5.新規取引申請
6.格付け
7.既存取引先管理
8.与信管理のポイント

関連資料

与信管理最新事情2019データブック
既存取引先管理のツボとコツ ~モニタリングのススメ~

フォームへ入力していただくと、資料ダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問203】倒産件数と比べて、休廃業・解散件数(2018年1~12月)は次のうちどの程度でしょう?

  • 講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP