最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2019.08.26

業種:普通銀行
部署:コンプライアンス統括部

帝国データバンクの提携先であるビューロー・ヴァン・ダイク社は全世界約3.1億件の企業・人物情報を収録したデータベース「Orbis」を提供しています。「Orbis」では、株主・グループ会社・役員情報をワンストップで閲覧でき、実質的支配者の確認ができることから、AML/CFT対策に活用されています。
資料イメージ
<課題>
・FATF(金融活動作業部会)による第4次対日相互審査を2019年秋に
控え、その対策が急務となっていた
・「海外送金先」や「海外への融資取引先」について、海外であるがゆえに素性の特定が困難なケースが発生していた

<効果>
・これまで1週間程度かかるケースもあった「実質的支配者までの
確認」が、ワンオペレーションで簡単に検索できるようになった
・瞬時に検索結果が表示されるため、たとえ検索ヒットしない場合でも「わからない」と言えるまでの時間が短くなり、総合的な判断によるリスク評価が精密化

<課題解決サービス>
グローバル企業データベース「Orbis」

フォームへ入力していただくと、社名が掲載された資料のダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問197】次の分析指標の中で、一般的に数値が高い方が望ましいものはいくつあるでしょうか?      棚卸資産回転率 / インタレスト・カバレッジ・レシオ / 固定比率 / 売上債権回転期間

  • 講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP