最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • お役立ち資料
  • グローバルビジネスのプラットフォームを作る統一マスタコード

2020.02.04

グローバルにビジネスを展開する企業にとって、国境を越えてビジネスを管理するには、取引先の企業情報を共有できる仕組みが求められます。一方で、世界にはその国・地域で流通している企業コードが300以上もあると言われ、どの企業コードを採用すればよいのか、数多ある企業コードの特徴がよくわからないという声もよく耳にします。

海外の拠点を含めたグループ全体でのビジネスを推進するには、取引先情報を共有できるプラットフォームを作る統一マスタコードが必要です。

本資料は、海外企業にも取引先管理のための企業コードが必要となった方に向けて、世界に流通する企業コードについて説明し、マスタコードとして運用できるコードの紹介をしています。
-目次-
1.グローバル企業コードの種類
2.企業コードの特徴
3.マスタコード
4.事例

続きをご覧になりたい方は以下フォームに必要事項を入力すると表示されます。

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問218】減損会計における「減損損失の認識の判定」をするうえで、対象の資産グループの帳簿価格と比較検討する候補となる指標は次のうちどれでしょう?

  • 講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP