最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2020.03.03

事業内容:アミューズメント事業及び玩具・映像事業


取引先の評価の方法に一貫性がない、などの与信管理基準にまつわる課題や、取引先の与信枠を見直す営業現場の業務負担を効率化したいとお考えの方は多いのではないでしょうか。


本事例のお客さまは、与信管理に必要な情報をまるごと提供するサービス『SAFETY』を活用することで、与信の精度を維持しながら継続管理業務の効率化を図りました。また自社の基準に加えて、第三者による社会的な評価指標を取り入れた与信管理により、独善的・属人的な取引先評価を防ぐことを実現しました。
資料イメージ
<課題>
・事業部門、グループ会社で与信のばらつきが発生
・継続管理における営業現場の申請に関する業務負担が大きかった
・効率化は図りたいが、精度を下げることは避けたかった

<効果>
・調査会社の評価を取り入れたグループ統一基準を作成したことで独善的・属人的な評価から脱却できた
・統一基準をもとにモニタリング対象を選定し、与信見直しの申請を一括で行うようになったため、工数を70%削減することができた
・登録した企業について、信用調査報告書の提供および変動情報の通知を自動的にしてくれるので、情報取得の手間を削減できた

<課題解決サービス>
信用調査報告書企業定点観測サービス SAFETY

フォームへ入力していただくと、社名が掲載された資料のダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問218】減損会計における「減損損失の認識の判定」をするうえで、対象の資産グループの帳簿価格と比較検討する候補となる指標は次のうちどれでしょう?

  • 講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP