最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • コラム
  • 【ウェビナーレポート】DataDriveハンズオンセミナー~基本機能編~

2020.11.11

DataDriveハンズオンセミナーは、講師の説明を聞きながら一緒に操作をしていただくことで、DataDrive BasicCloudを業務でスムーズに使用できるよう学んでいくセミナーです。
初開催となった2020年10月26日は「基本機能編」として、DataDrive BasicCloudを導入したばかりの方や新しく担当になった方を対象に、はじめに知っておくべき機能や使い方をオンラインでお伝えしました。


・担当講師
株式会社帝国データバンク 営業推進部営業開発課
細矢 崇裕

DataDriveハンズオンセミナー~基本機能編~で身につくこと

図 DataDrive BasicCloudでできること
当日はDataDrive BasicCloudでできること(図参照)をおさらいし、以下3点をセミナーのゴールとして進行しました。

1.DataDriveから目当ての企業を検索できる!
2.自社独自の情報を登録できる!
3.企業を検索し、取引先の変化に気付くことができる!


1.DataDriveから目当ての企業を検索できる!

DataDrive BasicCloudは、帝国データバンクが保有する480万件から企業を検索でき、そのうち147万件については企業概要データを購入することができます。それだけ多くの企業の中から、目当ての企業を探し出すにはコツがいります。セミナーでご紹介した日本で多い商号は「ライズ」や「アシスト」が含まれる企業でそれぞれ2,000件以上の登録があり、商号だけで企業を特定することは困難なことがわかります。
セミナーでは、DataDrive BasicCloudでの企業検索の方法と、目当ての企業を検索するコツをお伝えしました。商号に加えて「所在地」と「代表者・役員氏名」を活用して企業検索し、目当ての企業を見つけ出しました。なお、DataDrive BasicCloudでは2020年5月から法人番号での検索も可能になり、より企業特定がしやすくなっています。


2.自社独自の情報を登録できる!

DataDrive BasicCloudは企業概要データベースCOSMOS2の運用ツールとしても紹介しているもので、企業概要データベースに取引先を紐づけることができます。また、企業単位でお客さま独自の情報を登録できます。登録できる情報は、取引時のコメント、自社格付、自社管理コード、取引額、特記事項などテキスト情報に加えて、PDFやExcelなどのファイルも登録可能です。TDBの企業情報など外部情報と、貴社独自の内部情報を企業に紐づけて登録することでオンラインでの一元的な取引先情報の管理を可能にし、複数部門での情報共有をスムーズに行うことができます。セミナーでは、特にテキスト情報の登録の仕方と、登録項目のラベル変更方法を紹介しました。


3.企業を検索し、取引先の変化に気付くことができる!

DataDrive BasicCloudでは、「変化の条件を指定し、対象企業をリストアップ」と「特定企業の変化を確認」を簡単にできることをセミナーでは説明しました。前者はCOSMOS2の評点や業績が以前と比べてどれくらい上がったのか、もしくは下がったのかといった条件を設定してリストアップできることを、後者は各企業の3期分の業績(売上、利益)や評点推移を紹介しながら、企業の変化を与信や営業に活用する方法にも触れました。


今回は基本機能編として、DataDrive BasicCloudを活用するうえで必ず知っておいてほしい機能のみ紹介しました。参加された方からは、機能に加えて与信管理やデータ管理の実務に役立つハンズオンセミナーについてもリクエストをいただいています。
今後も皆様の業務の一助になるセミナーを企画してまいりますので、ぜひご期待ください。

製品紹介

DataDrive BasicCloudとは
帝国データバンクが提供する顧客情報の一元管理を実現するクラウドサービスです。従来のクラウドサービスの後継機として2017年2月に提供を開始しました。COSMOS2をベースに取引先情報、与信情報、営業情報等の自社情報をまとめて保管できるほか、各種情報を複数部署で共有でき、オンラインでの情報一元管理を実現するツールです。また、帝国データバンクの企業データベースと連携しているため、最新の企業概要データや信用調査報告書の即時取得も可能です。クラウドでの情報管理により、複数部門での情報管理をスムーズにし、在宅やテレワークにもご利用いただくことができます。

企業概要データベースCOSMOS2とは
個人営業から上場企業まであらゆる規模・業種の国内企業のプロフィール情報約147万件を収録した日本最大級のデータベースです。商号、所在地、電話番号、業種、資本金、株主、仕入先・得意先、評点など企業に係る情報を網羅的に収録しています。
これまでの利用実績に裏打ちされた信頼性により、金融機関をはじめ多くの企業で「与信判断の第一基準」として幅広くご利用いただいています。また、最低でも年1回の調査によるデータ更新により、常に企業の最新情報を提供しています。



DataDrive BasicCloud体験デモ/トライアルのご案内
DataDrive BasicCloudの操作感を体験していただくために、2つの環境をご用意しています

・体験デモ
画面内の赤枠の機能を押下すると、DataDriveの画面遷移の操作感を体験いただけます
https://www.tdb.co.jp/lineup/datadrivebasiccloud/taikendemo/DDBC000.htm

・トライアル
企業概要データベースCOSMOS2を取り込んでDataDriveを操作いただけます
https://pages.tdb.co.jp/DDBC-trial.html

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問228】新たな収益認識基準の適用開始により、売上高の金額に影響がある取引はどれでしょう?

  • 講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP