最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2022.06.16

営業成果を高めるために効果的であるターゲティングのコツアプローチ方法について紹介しています。
顧客接点がオンラインにシフトし、直接コミュニケーションが減少している現在、以下のような課題を感じることが多いのではないでしょうか。

・感度の高い情報が入手困難
・アポなし訪問はセキュリティ面から敬遠
・顧客側も受け取る情報量が多いため、自分に役立つ情報しか興味がない
・リモートでは不要な人と会うことはない

そこで、初めから見込みのある先だけをターゲットとすることが重要となります。
ターゲティング精度を高め、仮説設定を行い、営業結果検証のサイクルを回し、勝ちパターンを確立するためには企業属性情報が必要です。
あなたが求めるターゲットを、企業属性情報であるヒト・モノ・カネ・情報カテゴリーの50選から自由に組み合わせて、受注率を上げる1つの手段としてご活用ください。
資料イメージ
-目次- (全27ページ)
1. 企業情報を活用すべき背景
2. 受注率を上げる最短ルート ~ターゲティング50選~
3. 商談前の顧客を把握してアプローチ
4. 営業成果を高めるTDBの企業情報サービス

詳しく知りたいなどのお問い合わせはこちら

フォームへ入力していただくと、資料ダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問268】企業と投資家といった異なる経済主体の間で保有する情報に格差があることを、何と呼ぶでしょうか?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP