最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2022.12.21

業種:建築用金属製品製造

環境変化が大きい中、自社で入手する定性情報と財務情報の他に、サプライヤーの供給持続可能性を判断する材料として倒産リスク指標を加えた運用の構築が急務でした。
客観的な企業データを利用することで、「注視すべき先の明確化ができた」「調達担当者の属人的な判断の解消につながった」「サプライヤーの事業継続可能性を事前に把握できるようになった」「月次の変化を確認することが簡単になった」などの効果がありました。
資料イメージ
<課題>
・独自基準に基づくアラート判断を行う為の情報入力に時間がかかる
・対象となった企業の個別チェックにも時間を要し、情報入手も後手になっていた
・チェックスキルが担当者の知識に左右されてしまい、基準に整合性がない

<効果>
・導入前と比較すると作業負荷は軽減した
・サプライヤーの事業継続の可能性を先手で確認する事が出来るようになった
・情報入手により狙いを絞る事も可能となり、注視先を洗い出す事にもつながった


<課題解決サービス>
企業概要データベース COSMOS2
倒産予測値
DataDrive BasicCloud


詳しく知りたいなどのお問い合わせはこちら

フォームへ入力していただくと、社名が掲載された資料のダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問284】子会社株式の期末評価について、原則的な会計上の評価として正しい処理は以下のうちどれでしょう?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP