最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • コラム
  • 「ゾンビ企業」の現状分析(2023年11月末時点の最新動向)|TDB Business View

2024.01.19

TDBレポート|旬の話題を掘り下げてお届け

ゾンビ企業25万1000社に急増、
2011年度に次ぐ2番目の多さ


ゾンビ企業率は17.1%に急上昇、前年度比3.6pt増は
過去最大

はじめに

コロナ禍以降、ゾンビ企業が増加している。企業倒産(2023年=8497件)の約30倍まで膨れ上がった企業の“ゾンビ化”が進んだ要因のひとつに、実質無利子・無担保のゼロゼロ融資が挙げられる。
2022年9月末時点で約245万件、実行額約43兆円にのぼる資金がコロナ禍で中小企業の資金繰りを支えた半面、足元ではコロナ支援策の反動が顕在化しつつある。なかには、業績改善できないまま事業継続を断念する企業も目立つ。

帝国データバンクでは、これまで2022年7月、8月、12月、2023年1月と、ゾンビ企業(※)の実態をレポートしてきた。今回は2022年度のデータをもとに、最新動向をまとめた。

※ゾンビ企業の定義は、国際決済銀行(BIS)が定める「ゾンビ企業」の基準に準拠

調査結果

 ゾンビ企業率17.1%に急上昇、過去最大の上昇率

 業種別では「小売」、地域別では「東北」がゾンビ企業率トップ

 収益力、借り入れ負担は依然厳しく、自己資本比率がさらに悪化

 ゾンビ企業数は25万1000社、2011年度(27万4000社)に次ぐ2番目の社数

 「経常赤字」かつ「過剰債務」かつ「債務超過」企業、4万1000社

お問い合わせ

当レポートに関する詳細なデータや同種の調査結果をお求めの場合は以下より個別にお問い合わせください
<お問い合わせはこちら>

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問311】会計上、受け取った「でんさい(電子記録債権)」は、以下の科目のうちどれと性質が同じと言えるでしょうか?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP