最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • コラム
  • 2024年問題に対する企業の意識調査|TDB Business View

2024.01.26

TDBレポート|旬の話題を掘り下げてお届け

物流の2024年問題、
約7割の企業でマイナス影響見込む


運賃の値上げやスケジュール見直しなどで対応

はじめに

建設業、トラック・バス・タクシードライバー、医師などの「働き方改革」を進めるため、これまで適用が猶予されていた時間外労働の上限規制が、いよいよ2024年4月より適用される。長時間労働が是正されることにより健康被害や労働災害、交通事故の削減など労働環境の改善が進展することが期待できる一方で、人手不足による工期の長期化や業務の停滞などの諸問題、いわゆる「2024年問題」も懸念されている。
とりわけ、運送業界においては、物流を担う運送事業者だけの問題ではなく、産業を問わず幅広い業界や消費者の日常生活にも変化が生じると指摘されている。
そこで、帝国データバンクは、2024年問題に対する企業の見解について調査した。本調査は、TDB景気動向調査2023年12月調査とともに行った。

■調査期間は2023年12月18日~2024年1月5日、調査対象は全国2万7,143社で、有効回答企業数は1万1,407社(回答率42.0%)
■本調査における詳細データは景気動向オンライン(https://www.tdb-di.com)に掲載している

調査結果

 「2024年問題」全般に対して「マイナスの影響がある」とする企業は59.9%となった。特に、物流の2024年問題では、68.6%の企業が「マイナスの影響がある」と回答した

 「2024年問題」に対して具体的な影響を尋ねたところ、「物流コストの増加」が66.4%と最も高かった(複数回答)

 物流の2024年問題への対応策、「運送費の値上げ(受け入れ)」が43.3%でトップ(複数回答)

 物流の2024年問題へ「特に対応しない」理由、「これまで通りで問題が生じず、対応する必要がない」が34.6%で最も高く(複数回答)

 「2024年問題」に対する支援策は、「金銭的支援」(34.0%)と「人材育成・確保支援」(32.3%)が3割台で上位に(複数回答)

お問い合わせ

当レポートに関する詳細なデータや同種の調査結果をお求めの場合は以下より個別にお問い合わせください
<お問い合わせはこちら>

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問311】会計上、受け取った「でんさい(電子記録債権)」は、以下の科目のうちどれと性質が同じと言えるでしょうか?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP