最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • コラム
  • 2024年シーズン「バレンタインチョコレート」価格調査|TDB Business View

2024.02.07

TDB Business View|旬の話題を掘り下げてお届け

今年のチョコ、23年比4%値上げ

~ 円安・カカオ・砂糖高の「三重苦」 実質値上げも ~

はじめに

百貨店「松屋」が昨年12月に実施した調査では、回答が得られた459人のうち7割以上が今年のバレンタインで「節約を意識しない」と回答した。ただ、チョコの平均予算は「本命用」で1割以上増えたのに対し、近年需要が高まる「自分用」では逆に1割以上減少するなど、物価高でのメリハリ消費が鮮明となっている。

バレンタインチョコレートの平均価格は1粒当たり前年比4.5%の値上げと、6%を超えた昨年同様に値上げ傾向が続いた。ただ、高い値上げ水準が続く国内ブランドと、昨年に比べ小幅な値上げにとどまる海外ブランドで価格帯が接近し、高価格帯が多い海外ブランドで割安感も出そうだ。足元の円安や原料高は今後長期にわたってチョコ製品の価格設定に影響を及ぼすとみられ、3月のホワイトデー商戦などでも全体的に高値傾向が続くとみられる。

■全国の百貨店・ショッピングモールなどに展開する150のチョコレートブランドを対象に、前年の価格と比較可能な商品について調査を行った。対象商品は売れ筋となる1粒バラ売りまたは複数個入りのセット、アソート、ボックス(詰め合わせ)タイプの商品
■前年と比較できない、または調査対象へ新たに指定したチョコレートブランドがあるため、一部23年時点と調査対象が変更となっている。なお、入れ替え対象および新規のチョコレートブランドについては22年に遡って価格を再集計しており、データの連続性には問題がない

調査結果

 国内ブランドの価格高騰が顕著 価格差縮まり海外ブランドに「割安感」も
 今年のバレンタインチョコ、平均価格は前年比4%値上げ 国内ブランド高騰、円安・カカオ高が影響

お問い合わせ

当レポートに関する詳細なデータや同種の調査結果をお求めの場合は以下より個別にお問い合わせください
<お問い合わせはこちら>

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問316】減損会計基準の適用対象となっていないのは、以下のうちどの科目でしょうか?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP