最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • コラム
  • 「TSMC」日本工場進出に関わる取引先調査(2024年)|TDB Business View

2024.04.10

TDB Business View|旬の話題を掘り下げてお届け


「TSMC」関連取引、社数2年で1割増
~ 地元「九州」は微増 取引企業は関東地方に集中 ~

はじめに

半導体受託生産で世界最大手の台湾・TSMCが熊本県に建設した工場が2月24日に開所した。熊本県内ではTSMCや関連企業の従業員を対象とした住宅・不動産需要や小売需要、建設需要が高まっている。既にTSMC第二工場の建設も決定しており、地元九州を中心に、工場就労者の増加による日用品や食品需要の増加、人材派遣・紹介の活発化など経済波及効果に対する期待度は高い。

ただ、TSMCグループなどと取引を行う企業数は、九州地方ではほとんど横ばいで推移した。半面、東京などに本社を置く企業を中心に増加し、取引内容でも半導体素材などを多く取り扱う企業が多いなど、取引内容にも差異がみられた。半導体産業に関連したサプライチェーン網への参入障壁が高いことも要因とみられ、九州外の企業に取引が集中している点に課題が残る。熊本県を中心とした素材や部材のサプライチェーンの構築が、半導体産業が九州の基幹産業として大きく発展するためのカギを握るとみられる。

■保有する企業データベースを基にTSMC社およびソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(SCM社)、ソニーセミコンダクタソリューションズ(SCM社)の3社を対象に、取引のある国内企業について調査・分析を行った

■TSMC:台灣積體電路製造股份有限公司(TAIWAN SEMICONDUCTOR MANUFACTURING COMPANY LIMITED)。なお、Japan Advanced Semiconductor Manufacturing㈱(JASM社)社ほか複数の同社国内法人を含む

調査結果

1 「半導体サプライチェーン」参入障壁の高さが課題、基幹産業化へのカギ握る
2 「TSMC」関連取引、全国に471社 2年で1割増

お問い合わせ

当レポートに関する詳細なデータや同種の調査結果をお求めの場合は以下より個別にお問い合わせください
<お問い合わせはこちら>

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問316】減損会計基準の適用対象となっていないのは、以下のうちどの科目でしょうか?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP