最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • コラム
  • <緊急調査>2024年度賃上げ実績と初任給の実態アンケート|TDB Business View

2024.04.18

TDB Business View|旬の話題を掘り下げてお届け


企業の77.0%が賃上げ実施も、
3社に2社は「賃上げ率5%」に届かず

~ 価格転嫁難しく、企業規模間で「格差拡大」懸念高まる ~

はじめに

労働団体の連合が4月4日に発表した2024年春闘の第3回回答集計結果で、全体の賃上げ率は平均で5.24% と33年ぶりの高水準となり、連合が掲げる「5%以上」の目標を超えた。

人手不足の深刻化や物価の高騰などに対して、より一層の賃上げが期待されるなかで新年度がスタートした。大企業を中心に人材確保を目的とした初任給引き上げの動きが相次いでいる状況である。

一方、中小企業からは賃上げに対する厳しい声があがっており、政府・日銀が目指す「賃金と物価の好循環」が実現できるかが注目されている。

そこで帝国データバンクは、新年度の賃上げの実績および新入社員の初任給について企業へアンケートを行った。

■アンケート期間は2024年4月5日~15日、有効回答企業数は1,050社(インターネット調査)

※1 うち組合員300人未満の中小組合の賃上げ率は平均4.69%で過去と比べて高水準である

調査結果

1 2024年度の賃上げ実施割合は77.0%も、全体の3社に2社は「賃上げ率5%」に届かず
2 規模別、「小規模企業」の賃上げ実施割合は65.2%と全体を10ポイント以上下回る
3 2024年度に新卒社員を採用する企業の割合は45.3%。「大企業」76.2%、「小規模企業」23.7%と二極化
4 初任給、3社に1社が20万円未満。大企業と中小企業の間で「格差拡大」の懸念

お問い合わせ

当レポートに関する詳細なデータや同種の調査結果をお求めの場合は以下より個別にお問い合わせください
<お問い合わせはこちら>

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問316】減損会計基準の適用対象となっていないのは、以下のうちどの科目でしょうか?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP