最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2024.06.20

購買・調達部門は、自社サービスの供給を維持する役割を担い、サプライヤーの選定から生産管理、仕入れ価格の調整による高利益化など重要な役割を担う部門です。

昨今では商流構造が変化し、川上のサプライヤーに発生した障害がサプライチェーン全体にまで影響を及ぼすようになっています。たとえば、中小メーカーにおける後継者不在や自然災害などが頂点企業の安定供給に対する懸念事項にまで発展します。また原材料価格の高騰を受け、下請先である中小企業の価格転嫁状況の確認を目的とした「サプライチェーンの実態把握」を行う動きも見られます。

そこで、企業ビッグデータを活用したサプライチェーン実態把握の実例をまとめました。購買・調達部門や法務部門の方はぜひご参照ください。

-目次-

資料イメージ
1.近年のサプライチェーンの変化
2.サプライチェーン構成企業の退場リスク
3.不慮の事態で生じるサプライチェーンリスク
4.法令対応でのリスク
5.企業ビッグデータを活用した健全なサプライチェーンの確保
(全28ページ)

フォームへ入力していただくと、資料ダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問317】TDBのサービス「SP」とは、以下のうちどれでしょうか?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP