最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • コラム
  • 「旅館・ホテル業界」 動向調査(2023年度)|TDB Business View

2024.07.09

TDB Business View|旬の話題を掘り下げてお届け

旅館・ホテル市場、23年度は4.9兆円
~ コロナ前水準に回復 インバウンド増で恩恵、宿泊代値上げも寄与 ~

はじめに

観光庁によれば、2024年4月に国内のホテルや旅館に泊まった日本人・外国人の総数は前年同月比10.1%増の延べ約5190万人泊だった。なかでも、外国人は同46.9%増・約1450万人泊に上り、訪日客の急増ぶりが目立った。また、客室稼働率も全体で59.8%と、コロナ前に迫る高い水準で推移した。1ドル150円を超える円安で割安感のある日本旅行が人気となっていることを追い風に、国内の旅館・ホテル市場は今後も好調を維持するとみられ、24年度の市場は5年ぶりに5兆円台に到達し、過去最高を更新する可能性もある。

他方、宿泊現場ではフロントや調理スタッフなどの確保が間に合っていないなど、依然として深刻な人手不足状態が続いており、宿泊予約や客室稼働率に制限を設けて運営するなど、旺盛な需要を十分に取り込むことが難しいケースもみられる。帝国データバンクの調査では、旅館・ホテル業界の人手不足割合は、正規・非正規人材ともに6割を超える水準で推移した。外国人材の登用や受付の自動化で省人化投資が必要な一方、こうした対策が難しい事業者もあり、人手不足への対応が24年度における旅館・ホテル市場の成否を分けるポイントになる。


■帝国データバンクが保有する企業信用調査報告書ファイル「CCR」から、「旅館・ホテル」業界の企業931社における業況(売上高)について調査・分析を行った。なお、集計対象期間は各調査時点から過去1年間(例:2022年4月:2021年4月~22年3月)

調査結果

・2023年度の「旅館・ホテル市場」、コロナ前並みの4.9兆円 訪日客増・値上げが寄与

お問い合わせ

当レポートに関する詳細なデータや同種の調査結果をお求めの場合は以下より個別にお問い合わせください
<お問い合わせはこちら>

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問317】TDBのサービス「SP」とは、以下のうちどれでしょうか?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP