最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • 与信管理

与信管理

リスクマネジメント入門

-「善良な商人を詐欺師から守る」
-「企業間の健全かつ円滑な取引を支える」
 帝国データバンクは1900年の創業来、企業信用調査を業としてきました。
 この間、数え切れない程多くの企業の成長、そして企業倒産に立ち会ってきました。
 
 45分に1社の割合※で企業倒産が発生する時代です。
※2012年当社調べ
「企業は生き物」と例えられることがあります。
みなさまの会社が日々刻々と変わっているように、取引先の会社の経営状態も刻々と変わっています。
1社1社の「危険な会社を見分ける」ことは重要ですが、
変わり続ける取引先の状態を把握する「与信管理の全体像」を持ち、対策を講じることが更に重要と言えるでしょう。

また、与信管理と言えば守りのイメージが強いかもしれませんが、攻めの与信管理もあります。
萎縮しすぎて取引を止めてしまっていては、売上拡大はままなりません。
大事なことは、リスクを把握し、リスクに応じた取引を考えていくということです。

帝国データバンクが100年以上の時間をかけて培った与信ノウハウを、セミナーやコラムという形でカレッジメンバーのみなさまにお届けして参ります。

・危険な会社を見分けるポイント
・粉飾決算の見破り方
・海外与信
・与信基準額設定
・倒産予測
・不良債権発生を未然に防止

 こういったテーマに興味がある方は、是非ご利用ください。
 一から与信管理について学び、一緒に安全な商空間を作っていきましょう。

セミナー検索結果

ジャンル:
与信管理
エリア:
を表示中



ただいま準備中のため、もうしばらくお待ちください。


TDBカレッジ知識度チェック

【問184】東証1部・2部の上場廃止基準として以下のうち不適切なものはどれでしょうか?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP