最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • セミナー一覧
  • <ウェビナー>帝国データバンクが教える3つの取引先管理方法
※録画配信です

取引先の確認には、どのような視点が必要かご存知ですか?

今回のウェビナーでは『企業情報を活用して取引先管理する際に必要な視点を学んでいただく』とともに、その視点を実現するためのTDBソリューションを紹介します。

帝国データバンクが大切にしている取引先管理の視点は、取引先全体を見る視点気になる取引先を重点的に見る視点取引先を継続的に見ていく視点の3つです。
3つの視点を理解したうえで、企業情報を活用し取引先管理を運用していくことで、自社が本当に注視しなければならない企業が見えてきます。

また、実際に3つの視点に沿って管理する場合に、「顧客データがバラバラで整理できていない」「データが別々の場所にあり、統一できていない」など、顧客データ整備や運用ツールに関するお悩みも聞かれます。
そこで、帝国データバンクのクラウドサービスを利用してこれらの課題を解決し、取引先を一元管理する方法をご紹介します。


<内容>
各視点に沿った取引先管理の手法を、TDBソリューションに当てはめてご紹介
◆取引先管理に必要な3つの視点
◆取引先全体を見る視点としての「COSMOS2」
◆気になる取引先を重点的に見る視点としての「倒産予測値」
◆取引先を継続的にみていく視点としての「COSMOS2」と「倒産予測値」&それらを一元管理可能なクラウドサービス「DataDrive」

セミナー概要

No 096_20230214W
日 時 2023年2月14日(火)14:00~15:00
エリア 場 所
本セミナーはZoomを使用したウェビナーです
定員数
1,000名
準備物 インターネットに接続したパソコン、もしくはスマートフォン・タブレット端末 受講料 無料

対象受講者(このセミナーを受講していただきたい方)

・企業概要情報「COSMOS2」をご利用中のお客さま
・企業情報を提供する、調査会社が勧める顧客管理の方法を知りたい方
・取引先管理の仕組み化に取り組まれている方
・企業情報や自社情報などを一元管理するツールをお探しの方

担当講師

ラット・デミ・ハミリ 株式会社帝国データバンク

営業企画部 東日本営業企画課
2016年に新卒で帝国データバンクに入社以降、一貫して全国の広域・重要顧客向けに経営課題の解決サポートを行う。またクラウド型顧客管理ツール「DataDrive」のサポートセンターも兼任し、同サービスをお客さまにご活用いただくための施策検討やコンテンツを作成している

お問い合わせ

セミナーNo 096_20230214W
セミナー名称 <ウェビナー>帝国データバンクが教える3つの取引先管理方法
問合せ先部署 帝国データバンク セミナー事務局 担当者名 堀之内・高野
TEL メールでお問い合わせください メール tdb-college@mail.tdb.co.jp

TDBカレッジからのコメント

よくあるご質問はこちらをご覧ください
https://pages.tdb.co.jp/college_webinar_faq.html


※メールアドレスの誤入力が増えております。お間違いないようにお願いいたします
ウェビナー申込み

TDBカレッジ知識度チェック

【問284】子会社株式の期末評価について、原則的な会計上の評価として正しい処理は以下のうちどれでしょう?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP