最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • コラム
  • 企業価値とは(前編) ~旧友との再会リターンズ~

2019.08.15

[企業審査人シリーズvol.191]

 その日、青山は羽田空港の国際線ターミナルにいた。数日前、大学時代の同期で、今は外資系商社で働いている伊藤から青山にメールが届いた。「俺が帰国する。久々に会おう」という少々ふざけた文面だったが、そのまま空港で待ち合わせとなった。伊藤が指定した和食居酒屋のカウンターで先に一杯やっていると、巨大なスーツケースを引きずった伊藤がやってきた。
 「伊藤、久しぶりだな!前は福岡支店にいたはずだが、海外勤めになっていたとは思わなんだ」
 「そういえば言ってなかったな。本社へ異動となって、今までシンガポールで実務研修をしていたんだ。だから、海外勤めではないんだがな」
 「ハハハ、外資系だと研修しに海外行くのか・・・ドメスティックなうちの会社とは大違いだ。それにしてもシンガポールで実務研修って、何の研修なんだ?」
「企業価値評価だよ」と、伊藤はビールを注文しながらさらりと答えた。
「企業価値評価?流行りのファイナンスってやつか?俺の普段の業務じゃ、うちへの支払いが可能かどうか、の審査が多いから、なかなかそこまで考えないな。どんなことやったんだ?」
「再会を祝して、ということで仕事のことは忘れたかったんだが・・・青山は相変わらず勉強熱心だなあ。まあわざわざ迎えに来てくれたわけだし、質問には答えようか。今回はM&A対象企業の選定を目的に、買収に値する企業なのかどうかの下調べをする、というのが主な内容だったな」
 「M&Aか。やっぱりそういうことしないと、企業価値評価って使わないよな」
 「いや、そうでもないぞ。財務面から見た企業の目的を“価値の創造”と定義すると、それを測るのが企業価値評価だ・・・というのは講師の受け売りだが、投資や資金調達等の意思決定に必要なものだから、感覚的であっても、どの経営者もやっていることなんじゃないかと思っている」
 「今やっている事業活動が価値の創造にどれくらい貢献しているかを、数値的に把握できるってわけか。でも、企業によって事業活動なんてバラバラなんだから、ひとつのモノサシで測るなんて、難しくないか?」
 「確かに個別事象を持ち出したら、キリがないよな。だが、青山の言うように価値の創造を数値的に把握するためにすることといえば、すべてをカネに換算して考えるってことだよな。ということは、過去より現在、現在より将来にどれだけカネが増えるかって、財務的な考え方を使えば納得いくんじゃないか?」
 「カネが増える・・・もしかしてキャッシュフローのことか?」
 「そうそう。価値の創造を企業の資産などから生み出されるキャッシュフローをもとに考えていくってのが、企業価値評価の基本なんだ」
 久しぶりに刺身をほおばってご満悦の伊藤の隣で、青山はまだ何やら難しい顔をしている。
 「なあ伊藤。資産からキャッシュフローを生むことについて考えていたんだが、貸借対照表上の資産って必ずしも事業活動に使うものだけじゃないよな?これって混ぜちゃっていいのか?」
 「さすが青山、鋭いところつくな。企業の所有する資産は事業用資産と非事業用資産に区別することができて、キャッシュフローの求め方も変わってくるんだ」
 「非事業用資産については、運用目的で取得した有価証券なんかが該当するよな。他にもあるのか?」 
 「ここでの定義なら、事業用でないものはすべて該当する。例えば事業用としての使命を終えて、今売却したとしても事業運営上何ら問題のない遊休資産のようなものも、そこに含まれる。じゃあここで問題だ。非事業用資産のキャッシュフローはどう求めたらいいと思う?」
 「非事業用資産は事業に使われないし、キャッシュフローも生み出されないから、ゼロじゃないのか?」
 「それで本当にいいのか?」と言いながら伊藤が店員を呼び止め、刺身を食べきってツマだけとなった皿を片付けてもらおうとしたのを、青山が「おいおい、俺がツマを好きなのを忘れたのか?」と止めに入った。
 「俺にとっちゃ、そのツマは刺身を食べる上での使命を終えていたはずだが・・・。まあ青山みたいな良い受け入れ先があってよかったな。んん・・・、青山、これでも非事業資産のキャッシュフローはゼロか?」
 「ん?ああ、そうか。自分のところで使わなくても、よそで使ってもらえば価値がある。だから、非事業用資産は売却価格がキャッシュフローになるわけか」
 「ご名答。正確には、まだ売っていないので売却可能価格、つまり時価評価したものだな。このような短期的なキャッシュフローで非事業資産は評価されるわけだ」
 「まわりくどいツマの仕掛けで、非事業用資産についてはよくわかった!つぎは本命の事業用の資産だ。事業活動で生まれるキャッシュフローが事業用資産から生み出されるものだと思うんだが・・」
 「そうだな。有形無形問わず、事業資産などから構成された事業そのものの価値を事業価値と言うんだ。そして、それをさっきの非事業資産の価値と足し合わせたものが企業価値になる。って、おい、こんな話ばかりしていると全然、飲み会気分にならんぞ。とりあえず授業料として今日の飲み代は任せた!」
 「アホか!」と伊藤を小突いた青山だったが、旧友との再会が思いのほか知的な楽しい時間となった。カウンターの向こうの年配の板前が、ときおりふたりを見て首をひねっている。しかしこの後、企業価値の話はさらに深くなっていくのだった・・・。


後編はこちら
企業価値とは(後編) ~アイツのお連れに青山、困惑・不安・安堵~

企業価値評価とは

コーポレートファイナンスの分野においては、「企業がどのような財務的な行動をとれば価値を創造できるか」が論点になります。企業価値評価は直接的にはM&Aや事業承継時に使われることが多いものですが、株主から委託を受けて企業価値を増大化させることを使命とする経営者にとっては経営知識ベースとして押さえておきたいものと言えます。与信管理の場面においても、「経営危機に陥った取引先を出資や貸付で支援すべきか否か」といった判断において必要な着眼点になります。

企業価値の考え方~その1~

企業には事業のために投資された様々な資産があります。その有形無形の事業資産等で構成される事業そのものの価値を事業価値と呼びます。また事業に供さない資産は非事業資産と呼びます。事業用の資産については投下資本利益率を反映した長期的なキャッシュフロー獲得能力で評価する一方で、非事業用資産は短期的なキャッシュフロー(売却可能価格、時価)で評価されます。この2つを合計したものが資産(運用)サイドから考える企業価値です。

企業価値の求め方

TDBでは企業価値評価サービス「Value Express(バリューエクスプレス)」を提供しています。こちらでは事業価値をDCF法で算出し、非事業用資産と見なした金融資産にて企業価値を算出します。シミュレーション機能も実装していますので、自社が今後どのような事業活動を行うべきか見通すための材料として利用することも可能です。

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問244】建設業特有の勘定科目について、一般企業の使う勘定科目と対応関係が誤っているものを以下から選択してください

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP