最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ
  • TOP
  • コラム
  • 損益計算書の構造|財務会計のイロハのイ

2022.01.11

初心者向けシリーズ「財務会計のイロハのイ」 Vol.16

今回から「損益計算書」を扱います。「売上高」はもちろん、段階利益である「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」の違いに注意しながら、損益計算書の構造を理解していきましょう。
先輩社員「さて、今回からは『損益計算書』を見ていきましょう。まずは全体像として、その構造をお話ししていきますが、実は『貸借対照表』よりわかりやすい、と感じる人が多いようです。」

新入社員「どれだけ1年間で売上を計上し、コストはどのくらい出たのか、最終的にどれほど儲かったのか、というのは確かに直感的に理解しやすいですよね。」

先輩社員「そうですね。ただ、コストの分類や利益の意味など、段階がいくつか分かれていますので、取り違えて覚えないように注意しましょう。」

新入社員「はい…。ただ、一番上は売上高、というのは流石に間違えませんよ。」

先輩社員「会社が儲けて存続していくには、商品やサービスをお客さんに買ってもらわなければいけませんからね。まずは、売上高がトップラインに計上されます。そして、製造業であればその商品を製造するための、卸売業であれば商品仕入など、売上高に直接結びつくコストが、その下に計上されます。」

新入社員「原価ですね!製造業なら製造原価、卸売業なら売上原価など、呼び方が業態によって少し変わることもありますよね。」

先輩社員「しっかり予習しているようですね。その通り。そして、売上高から原価を差し引いた、第一段階目の利益である『売上総利益』が計上されます。これは『粗利』とも呼ばれますね。」

新入社員「最近では原価率何パーセントで提供しています、といった売り文句を見かけることもありますね。企業努力のアピールでしょうね。」

先輩社員「ただ、サービス業など、会社によっては原価を計上しないケースもありますので注意しましょう。次に、売上とは原価ほどの直接の結びつきは薄いものの、会社を経営していく上で必要なコストである『販売費及び一般管理費』が計上されます。役員報酬や、広告宣伝費等がその一例です。」

新入社員「よく略して『販管費』と呼ばれる経費ですね。『売上総利益』から『販管費』を差し引いて求められる利益は…『営業利益』ですよね?」

先輩社員「正解です。この『営業利益』は本業で儲けた利益とも呼ばれます。そして、その下には本業外の儲けやコストである『営業外収益』と『営業外費用』が計上されます。」

新入社員「預金の受取利息や借入金の支払利息あたりが思い浮かびます。」

先輩社員「今はそのイメージで良いでしょう。『営業利益』から『営業外収益・費用』を加減算して求められる次の利益は何でしょうか?」

新入社員「『経常利益』ですね。つい、『営業利益』と呼んでしまうことがあるので、ここは特に注意しています。」

先輩社員「会社全体のもうける力を示す利益、と呼ばれることもあります。損益計算書はまだ続いていまして、この下は臨時・巨額の収益やコストである『特別利益』と『特別損失』が計上されます。」

新入社員「そして、『当期純利益』が最後に来るんですよね?」

先輩社員「おっと、『特別損益』の下の利益は『税引前当期純利益』ですよ、そこから『法人税等』を差し引いて、税引き後の『当期純利益』となりますから注意しましょうね。」

新入社員「全問正解と思って油断しました…。もう一度、全部のコストと利益を書き出して復習します!」

ポイントの整理

・損益計算書は右図のような構造となっている

関連コラム

【レポート】決算書の見方 ~初心者のための財務分析入門~

帝国データバンクでは決算書の見方を説明するセミナーを実施しています。決算書の基礎や重要性の高い財務分析を端的にまとめて解説する「初心者のための財務分析入門」セミナーの一部を紹介します。


※現在Webを使ったセミナーとして、決算書の見方ウェビナーを実施しています。詳細・お申込みはこちら

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問256】銀行の決算書は一般企業とは異なる独特な様式で作成されますが、銀行の貸借対照表において負債の部に計上される科目は次のうちどれでしょう?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP