最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2022.06.13

業種:金物卸

企業情報を共有する場所がなく、メンテナンスが十分できていない状態でした。また、複数の担当者がいることによる企業情報の重複申請や購入等余分なコストが発生していました。
DataDrive BasicCloudCOSMOS2倒産予測値を利用したことで、業務効率化とコスト圧縮を図れたほか、取引先の変化が視覚的に分かるようになりました。
資料イメージ
<課題>
・業績等の企業情報を共有する場所がなく、メンテが十分できていない
・複数の営業担当者がいるため、企業情報の重複申請や購入等余分なコストが発生している

<効果>
・経理と営業部門でより多くの取引先情報が共有できるようになり、手間や重複購入等のコスト軽減が図れた
・企業概要情報(COSMOS2)と倒産予測値を合わせて管理することで、取引先の変化が視覚的に分かるようになった

<課題解決サービス>
企業概要データベース COSMOS2
倒産予測値
DataDrive BasicCloud

詳しく知りたいなどのお問い合わせはこちら

フォームへ入力していただくと、社名が掲載された資料のダウンロードボタンが表示されます

 

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問268】企業と投資家といった異なる経済主体の間で保有する情報に格差があることを、何と呼ぶでしょうか?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP