最新コラムをお届け メールマガジン登録
お問い合わせ

2019.01.01

定性情報 ていせいじょうほう
数値化できない情報を指し、定量情報以外の情報のことです。
与信管理では、住所や役員変更などの情報や、業界での評判や風評なども定性情報に該当し、判断材料として活用されています。

  関連コラム 定性情報の重要性~営業パーソンの眼~

抵当権 ていとうけん
お金を貸す際に目的物(不動産等)にかける担保のことで、担保とした目的物を債務者に利用させながら、もしも債務不履行になった場合には、その目的物を競売にかけて売却し、その代金から他の債権者に優先して弁済を受ける権利のことを言います。
債務者は債務を弁済した際には、抵当権抹消の手続きをしなければなりません。

  関連コラム 不動産登記の見方 ~時点にご用心~

手形 てがた
現金に代わって代金を決済する手段で、手形に記載された支払期日に、手形に記載した金額の現金の支払いを約束するものです。
手形は原則支払期日にならないと現金化できないため、資金繰りを調整することができます。
また、取引銀行に当座預金がなければ発行(振り出す)ことができません。

手形割引 てがたわりびき
銀行の融資方法のひとつです。
期日を迎える前の手形を、銀行や手形割引業者等の第三者へ裏書譲渡することで、手形金額から満期までの利息が差し引かれた金額を受け取れます。

  関連コラム 循環取引と融通手形 ~毎月同じじゃおかしい?(後編)~

手元流動性 てもとりゅうどうせい
すぐに支払に当てることのできる短期保有の現金、預金、換金可能な有価証券の合計額のことを言います。

デリバティブ でりばてぃぶ
株式や債券、為替等の現物市場と連動して価格が変動する金融商品から派生した金融取引、金融派生商品のことを言います。
先物取引やオプション取引等がそれにあたります。

  関連コラム 現況と見通し【最新期の業績と最近の動向と見通し】~報告書の読み解き方-23~

電子記録債権 でんしきろくさいけん
通称でんさいと言い、手形や売掛債権が抱える問題をクリアした、電子化された新しい債権のことです。
電子記録機関(でんさいネット)の記録原簿に売掛金等の債権を電子記録することでその効力が発生し、権利内容が認められます。

  関連コラム 決算書の作成と会計ソフト ~木下の思い出話~
<<与信管理の用語集トップに戻る
 
 

自社の与信管理を進化させるヒント資料

帝国データバンクが2019年6月に実施した「第3回与信管理アンケート」の結果を全50ページにまとめたものです。3,000人以上の方に回答いただいた与信管理の動向に関する最新の調査結果です。

与信管理最新事情2019 ~3,000人の声が集結~

<<一覧に戻る

TDBカレッジ知識度チェック

【問241】以下のうち、市場においてほとんど予測されず、発生すると影響が甚大な事象を例えたものはどれでしょう?

  • Recommend

    講師一覧

    クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
    TDB企業コード:986700000
    PAGE TOP